080-7822-4941

足つぼ最高齢は95歳の元気なおばあちゃん

最近、足つぼをさせていただいたおばあちゃんは、私が今まで触れさせていただいた中で最高齢の95歳。

なんとなんと、まだ現役で畑仕事をされているとのこと。

会話もしっかり、歩行もしっかり、食欲もしっかり(^^♪

足裏も外反母趾があるものの、角質やかさかさしているところが全くなく、きれいなピンク色の柔らかな足をされていました。

やはり、お元気な人というのは足もお元気だなぁ~って感じました。

おばあちゃんは言います。「みんな、周りのもんも足から弱っていく。足が弱ったらおしまい。」だと。

自分の足で歩けることのありがたさを実感されながら、一日一日を大切に生きておられる。

そんなご様子からは見習うことがとても多いです。

人は老いていきます。それは自然な流れなので、くい止められません。

だけど、一生、自分の足で歩けるかどうかは、自分の努力や心がけでずいぶん違ってくると思います。

子育てしていて、子供が歩けるようになったとき、一気に世界が広がった気がしました。行きたいところへ自分の足で行ける!それがとても楽しそうで、目がキラキラしていたのを今も鮮明に覚えています。

歳をとると、この反対の現象がおこってきます。行きたいところへ自分の足で歩いて行けれなくなる。世界が狭くなる。人との関わりや人生の楽しみも減ってくる。そうなると、目から輝きもきえてしまいます。

そう考えると、足ってほんと大切なところだなって思えてきますね。

SNSでフォローする

ご予約はこちらから
(完全予約制)

ご予約、施術内容に関するご質問など、お気軽にお問合せください。

お問い合せ

TEL.080-7822-4941

施術中は出られないことがありますが、ご了承ください。