080-7822-4941

いのち

昨日の朝、私の祖父が救急車で運ばれました。

緊急性はなく、無事に帰宅できることになりましたが、母は気が動転したようで、救急車を呼ぶ前になぜか私に電話をしてきました。

人は歳をとります。生きてる限り、最後の日は必ずきます。弱い部分が色々でてきて、誰かの助けが必要になってきます。わたしは両親、祖父母に育ててもらいました。オムツを替えてもらい、おっぱいを飲ませてもらい、食事や日常生活を支えてもらいながら大人になりました。いつも、してもらう側、与えてもらう側だった子供時代から、今度は頼られる側になります。家族の健康、将来時には介護のことなども考える歳になってきました。

この命、今日1日も当たり前ではなく、家族や大切な人と過ごす時間も永遠ではない。そう思うともっと大切に生きていきたいなぁと思います。

こうしてblogを書くことの意味を考えることがあります。私のblogは私のことを知ってもらいたいとか情報を発信したいというよりは、自分がどんなふうに感じたり、どんなふうに生きてるかを綴っていくもの、振り返るものです。いつ終わりが来るか分からないこの命。病死した親友の存在が教えてくれた1日の重み、生きてることの素晴らしさ。楽しかったり、苦しかったり、嬉しかったり、悲しかったり、人生には色々なことがあるけれど、そのひとつひとつに意味があるのだということ。

この命が尽きるとき、あーやりきった!いい人生だった!って思いたい。じゃあ、今、後悔のない1日が過ごせてるか?答えは「NO」

ちなみに主人は「YES」らしい。主人はいつ死んでもいいって思えるくらいやりたいことはやってるっていつも言っている。なんともうらやましい。

私も「YES!」って言える今日1日を過ごしてみよう。

SNSでフォローする

ご予約はこちらから
(完全予約制)

ご予約、施術内容に関するご質問など、お気軽にお問合せください。

お問い合せ

TEL.080-7822-4941

施術中は出られないことがありますが、ご了承ください。