080-7822-4941

疲れた時には頑張らなくてもいい

子どもと一緒に過ごしていると、この子達はほんとに正直だなぁ~って感じます。

からだの声、心の声どちらにも正直。疲れたら怒ったり、泣く。楽しいとどこまでも貪欲に遊びきる。

加減ということが分からないので、とにかく楽しいことを心が満たされるまで求めて突っ走り、力尽きてバタンキュー。

ほんとに単純で分かりやすい。

時には、失敗することもあります。

先日、息子はいつものように木登りをしていて毛虫に刺され、翌日は友達と自転車で遊んでいて、農具にぶつかり泣きながら帰宅。目の下と頬が内出血してなんとも痛々しい…。

小学生になり、一気に行動範囲が広がり、親より友達と遊ぶことの方が楽しいと感じるようになってきた息子。

そんな成長ぶりが嬉しい反面、思いのままに動くことは時に危険もあり、親としては心配な部分もあります。

ですが、こういった経験のひとつひとつがこの子達の生きる力につながっていくようにも感じています。

私にもこんな幼少時代があったはずです。

ですが、いつしか我慢したり、加減したり、空気を読みすぎたり…からだの声、こころの声にふたをして、不正直になっているかもしれないな~って、子供の姿をみて気づかせてもらう気がします。

頑張ることはすごいし、周りに合わせることも社会の中では必要なスキルだと思います。

だけど、自分に我慢して、からだやこころの声をスルーしてしまってはいけないな~もっと素直に、正直に生きてもいいんじゃなっかって子ども達が教えてくれてる気がします。

疲れた時に休む…あたりまえだけどあたりまえにできていますか?

以前の私はできませんでした。

今は、ちょっと目を使いすぎているよ~!力が入りすぎているよ~ちょっと休憩しようね~!って、その時々でからだが言っているのがきこえてきたら、とりあえず、思いきって寝てしまいます。休みます。そして、リセットします。

朝はかならずやって来るように、休んだって案外なんとかなるんだなぁ~って思います。

いろいろしないといけないことがあるのは分かります。

仕事をしていたら急には休めないのも分かります。

だけど、からだよりも大切なものはない気がします。

病気になってから、限界がきてから休むのではなくて・・・

その時々のからだの声に気付いていきたいですね。

SNSでフォローする

ご予約はこちらから
(完全予約制)

ご予約、施術内容に関するご質問など、お気軽にお問合せください。

お問い合せ

TEL.080-7822-4941

施術中は出られないことがありますが、ご了承ください。