080-7822-4941

求めてないのに処方される皮膚科のステロイド薬

私と6歳の息子はからだの不調が皮膚に出やすい体質でよく似ています。

私は思春期から20代、かなり長い期間、ニキビに悩まされました。

顔には小さなものから大きなものまで、結婚式前にお手当をしていただいたサロンの方に数えてもらったら200以上のニキビが出ていました。

皮膚科をめぐり、美容外科でのピーリング、エステ、化粧品をあれこれと…

とにかくニキビが嫌で、なんとかきれいに消したいという思いで色々としていました。

そう!表面的なアプローチばかりをたくさん。

今思えば、全部、無駄なことでした。

でも、その時はその時で、一生懸命に考えて動いていたように思います。

何の抵抗もなく皮膚科で処方されたステロイドをや抗菌クリームを塗っていた時代がありました。

疑問もなく、処方されたものを信じて塗る。でも、良くならない⇒皮膚科を変える⇒ステロイドの種類が変わる・・・みたいな。

皮膚からあらわれているからだの声を完全に無視していたと思います。からだに負担かけてばっかりだったなって思います。

今は、皮膚、肌にからだの症状がでやすい自分を自覚しています。本来、からだに溜め込んだものを出すのは主に便や尿で、皮膚からの排出は少なめだといわれてますが、私は皮膚にあらわれやすいのだと。

この6月は急な発疹が数カ所集中的にでました。かゆみも強く、何が原因か知りたい思いがあって、皮膚科に行ってみましたが、ただの虫刺されとの診断。

虫刺されではないように思うので原因を調べてほしいと伝えましたが、虫刺されに間違いないと・・・。

あっさり、ステロイドを処方されました。

そして、息子も私と同様の発疹がおなじ部位に集中的にでました。ちょうど縄跳びをした直後に急に出始めた感じでした。

プールの時期なので、感染するものだといけないので、念のため、皮膚科へ。

今度は、違う皮膚科に行き、原因を調べてほしいと相談しましたが、またしても虫刺されに間違いないと・・・。

なんと、その場で息子にステロイドを塗るという・・・

皮膚科に行ったのは薬が欲しいわけではなくて、原因を知りたかったから。

だけど、どこの病院でも薬を出すことが当たり前の流れになっていて、患者もそれを求めていると思っている。それが普通なことになっているのだと感じました。

かゆみはつらいのすが、薬には頼りたくなかったので、庭に生えているどくだみの汁を絞って塗り、よもぎオイルで足裏の副腎の反射区を重点的に刺激して、二人とも症状が治まりました。

特に息子の回復力はすごくて、跡もほとんど消えました。

それに比べると私の方は消えるのがゆっくりですが(笑)

からだに出てくる症状には必ず何かの原因があるはずです。

私自身、思い当たるところもあったりします。

炎症がひどかったり、痛みや痒みが強い場合は薬に助けてもらうことが必要だったりします。

ただ、どれもこれもではなく、薬以外の対処もあってもいいのではと。

目に見える症状だけに注目して、症状を消すことだけに一生懸命になるのではなく、もとのところを知ろうとしてみること、自身の生活などを振り返ってみること、そして、可能であれば、自分の治癒力を信じてみることも時として大事だと感じます。

SNSでフォローする

ご予約はこちらから
(完全予約制)

ご予約、施術内容に関するご質問など、お気軽にお問合せください。

お問い合せ

TEL.080-7822-4941

施術中は出られないことがありますが、ご了承ください。