080-7822-4941

心のガソリンどれくらいありますか?

昨日は、子育てコーチングをされている川井道子さんの「あんしん子育てコーチング・ミニ講座」に行ってきました。

ライターでもある川井さんは子育てに関するたくさんの本を執筆されたり、講演やセミナーなど多彩に活躍されています。

私が、この講座を受けてみたいと思ったきっかけは、2年程前、主人から「これ読んでみたら?ルミさんのことが書かれとるで」と川井さんの本を手渡され、そこには子育てでイライラしないヒントがたくさん書いてあり、それがとても参考になったからです。

主人としては、妻がなんとなくイライラしている様子を察して、直接言葉で伝えるよりも、私自身が本を読んで気づかせようという作戦だったのかもしれません。

昨日は、実際に参加者同士でペアになって、子育てに効く決めワザを使ったワークをしたり、子育て中のお母さん同士で子育てで困っていることなど話たりしました。コーチングというのは答えを教えてくれるものではなく、自らがどうしていこうか考え、気づき、自分なりの答えを出せるように導いてくれるものの様です。

講座の中で、心のガソリンの話があり、とても腑に落ちました。

子供の心のガソリンを増やしてあげることが大切ですが、まずはお母さんである自分自身のガソリンを増やすことが大切なのだと・・・。

川井さんから、「今、自分の心のガソリンはどれくらいありますか?」と問いかけがあり、ふと考えてみました。

意外にも、今の私は80%くらいあるかな。
昨年は50%切ってることも多かった気がしますし、時期や環境の変化によっても変動はしていますが・・・。

車はガソリンがないと動きません。心のガソリンも同じことです。

心とからだはつながってるので、心の栄養が足りないとからだも元気がなくなります。

忙しくしてるとガソリンが少なくなってることも見過ごして、気づいたら赤いランプがついてるっていうことはないでしょうか?私は今まで二回ほど、ガス欠になって真っ青になったことがあります。

車の場合なら、ガス欠になってもガソリンを入れてやれば車は元通り動いてくれます。

でも、心の場合はどうでしょう?

心を満たしてあげることで私達のからだは元気に活動できます。

では、心を満たすガソリンはどこにあるのでしょうか?

心のガソリンは待っててもやってきてくれないので、自分で補給してあげないといけません。

心のガソリンにあたるものは人それぞれ。

私の心が元気になれるものは、睡眠だったり、美味しいものを食べることであったり、温泉に浸かることだったり、子供とぎゅーっとすることだったり、お客様との出会いや触れ合いだったりします。

常日頃から心に元気を補給することはとても大切なことです。

ただ、どんなに蓄えてても、ストレスが多い時などには、消耗していくほうが優勢で、どんどんすり減ってしまうこともあります。それが冷えや頭痛、だるさや不眠、便秘など、からだの症状として出ることも・・・。

そうなる前に、まずは自分自身の心のガソリンが今どれくらいあるのか?に気づいてあげること。

ガソリンが空っぽになる前に、心が喜ぶこと、からだに嬉しいこと、自分の心とからだの声に気づいて対処したいなって思います。

きっと、心のガソリンが満たされてると、子どもや家族、お客様にも幸せが広がっていくような気がします(^^)

2019年も心のガソリンを意識して、疲れたらほったらかしにせず、その都度、補給して、心とからだの声に素直に生きていこうって思える学びの多い講座でした。

SNSでフォローする

ご予約はこちらから
(完全予約制)

ご予約、施術内容に関するご質問など、お気軽にお問合せください。

お問い合せ

TEL.080-7822-4941

施術中は出られないことがありますが、ご了承ください。